詳細検索

$ 0 〜 $ 10,000

we found 0 results
Your search results

FAQ

お部屋探しはいつから始めるのが一般的ですか?

一般的にはご家族さまですと入居の2カ月~1カ月前、単身のお客さまですと2カ月~2週間前でございます。
入居希望日が2カ月以上先の場合はサービスアパートメントであれば契約に手続きに進めれるところが多いですが、個人大家さんのアパートメントの場合には早めにお客さんを入れて家賃収入にしたいと思う大家さんが多い為に断られる事が多くなっております。

物件を決めた際には手付け金は必要でしょうか?

ほとんどのサービスアパートメントでは必要ございませんが、
アパートメントの場合は賃料の20%~30%等の支払いが必要な
場合がございます。
また通常、物件の仮押さえ期間が長くなればなるほど
手付け金の金額も増えていくのが慣例でございます。

希望の物件を見つけた後、最短でどのくらいで入居できますか?

物件を決められた後には契約締結、お振込みの手続きがございます。
早ければ4-5日で入居可能でございますが、
通常は1週間~2週間の日程をみてもらっております。

家賃やデポジットの支払いは現金のみですか?

サービスアパートメントの場合、契約相手は通常 会社となりますので、銀行振込みでの支払いが多くなっており、
サービスアパートメントによっては現金支払い、クレジットカード支払いも受け付けているところがございます。
またアパートメント(個人大家さん)の場合には現金での支払いも可能となります。

家賃の毎月支払いは可能でしょうか?

アパートメントの場合、一般的に個人契約・ベトナム国内以外の海外法人との契約の場合には毎月支払い可能でございますが、ベトナムにある法人から支払う場合には大家さんは法人が経費処理できる書類を用意しないといけなくなりますので2カ月毎~3カ月毎の支払いを要求される事が多くなっております。
サービスアパートメントの場合は通常どこも毎月支払い可能となっております。

付帯家具を撤去してもらうことは可能ですか?

基本的に付帯家具の撤去は可能となっております。
サービスアパートメントの運営会社・アパートメントの個人大家さんが付帯家具の収納スペースがあればある程度の付帯家具は撤去してくださりますが、アパートメントの個人大家さんの場合は収納スペースがない事が多くなっております。

お部屋の貸主は会社でしょうか?

貸主は
サービスアパート=会社
アパートメント=個人
となります。

子供の学校スクールバスについて

日系幼稚園:幼稚園に相談【大体送迎対応して頂けます】
日本人学校:原則として今のアパート、マンションにバス停があれば申込で利用可能
無い場合、新規バス停開設には、複数家族及び複数名の申込が必要の為難しい
(詳細は学校に問い合わせ必要となります。)

お部屋の不具合の問題解決にはお部屋に居ておく必要がございますでしょうか?
また不具合の問題解決までの対応の早さは?

サービスアパートメントの場合、会社がお部屋を管理しておりますのでリセプションにお部屋の不具合を伝えておくだけで通常帰宅時には不具合の問題解決が完了しております。
アパートメントの場合はお客さま若しくは普段お掃除を依頼しているメイドさん等、どなたかの立ち合いが必要となります。
また不具合の問題解決ついて、個人大家さんが修理代金や買い替え代金を出し渋るケースが多く、また個人大家さんがホーチミンに居ないケースも多い為に対応が遅く、問題解決に数日~1週間の日数を要する事が良くあります。

家賃に光熱費分をプラスして毎月光熱費分としてある一定の金額を設定する場合、プラスした分を使っていなければ翌月に持ち越し可能でしょうか? また光熱費分の一定の金額を超えた場合は支払いが必要でしょうか?

サービスアパートメントの場合は運営会社が会社の為、月の光熱費が一定金額に達せず金額が余ったとしても会社の会計処理上基本的に翌月持ち越しは出来ません。その為、毎月光熱費が一定金額を超えた場合は支払いが必要となります。
アパートメントの場合は個人大家さんですのでお話すれば理解頂き、月の光熱費が一定金額に達せず金額が余った場合は翌月持ち越しとなり、毎月一定の金額を超えても支払いは発生せず基本的に退去時でのまとめての清算となります。

お部屋の退去前に沢山の人がお部屋を内見しに来ると聞きましたが、本当でしょうか?

はい。
アパートメントの場合はお部屋の個人大家さんが入居者の事は余り考えず個人の利益を追及する為に退去前にどんどん次のお客さんにお部屋を見せようと動かれるケースが多くなっております。
サービスアパートメントの場合はセキュリティー(物の紛失)やプライバシーを考慮して入居中には一般的に物件を見せない事が多くなっております。

民泊、Airbnbが流行っており近隣がうるさくなる事があると聞きましたが本当でしょうか?

アパートメントの場合、個人大家さんがお部屋を短期(一泊~3週間等)のホテル代わりとしてずっと運用 若しくは長期契約が決まるまでの空いた期間を短期(一泊~3週間等)のホテル代わりとして運用する事があり
その場合には欧米人や海外の国籍を持つ越境ベトナム人がお部屋をホテル代わりに借りる事が多くなっております。
お部屋をホテル代わりに借りる人の中には夜中まで夜遊びして更に帰宅後にお部屋で音楽を爆音に鳴らし、パーティーを行う常識外れの曲者もおり、弊社も散々アパートメントにご入居中のお客さまから苦情を頂き対応に苦労致しました。
サービスアパートメントの場合は管理がしっかりしているのでそういった事が起きたとしてもすぐにリセプションからお部屋に苦情がいくようになっています。

帰任転勤時の保証金返金について

サービスアパートメント(会社)の場合は契約が満了してなくても契約書内の
帰任転勤時の保証金返金の条項が適用される事が多く、帰任転勤致します との書面を1カ月前にサービスアパートメント側に通知すれば保証金を返金頂ける事が多くなっております。
アパートメント(個人)の場合は1年未満の退去時には如何なる理由であっても保証金は返却されない事が多い。(理由はそもそも契約時に転勤条項を記載させてくれない)
また契約延長時にも最低6カ月滞在+2カ月前の事前報告が必要との契約延長条件が付き、結果的に保証金が戻って来ないケースも多々起きております。
また確率的には非常に少ないですが、退去時に個人大家さんが色々と非常に細かいところまで指摘して多くの修繕費を請求するケースや保証金のお金を使いこんで返金しないケースがあり弊社も過去に大家さんの自宅に何度も通い問題解決に苦労した事がございました。

物件比較